スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤフオクに「白い恋人」が相次いで出品!?


北海道土産の代表格「白い恋人」の賞味期限改ざん問題で思わぬ余波が出た。販売停止中の同商品がネットオークション上で高値で取引されていることが18日、分かった。製造元の石屋製菓(本社・札幌)が工場の操業停止、全商品回収の措置を取り、商品が店頭から一斉に消えたため“プレミア化”したと見られる。騒動を逆手に取った商売に同社は「何とも言いようがないですね」と困惑している。

 消えた“恋人”にラブコール!? インターネットの「ヤフーオークション」上で、渦中のスイーツ「白い恋人」が相次いで出品された。

 18日夕方までに定価1260円の24枚入りの商品に4400円、945円の18枚入りに3400円の入札があった。商品説明には「入手困難」の文字が躍り、中には定価の4倍近い値がつくなど、大半は定価を上回る金額がついていた。

 「白い恋人」は賞味期限の改ざんが問題視されたものの、健康被害も報告されていないことから、出品者は手元の商品を気軽に出品したとみられる。落札者に気遣ってか、ご丁寧に賞味期限の日付を写真で公開しているものもあった。

 「白い恋人」は道内限定販売の商品。北海道以外の店頭で購入するには、各地の百貨店で開催される物産展や都心にある北海道のアンテナショップでの期間限定販売の機会を待つしかなく、入手は簡単ではない。

(引用:Yahoo!ニュース)
「白い恋人」値段4倍…回収騒ぎでプレミア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070819-00000116-sph-soci&kz=soci




北海道のお土産として定番な「白い恋人」ですが、お菓子として純粋に自分は好きです。
誰かのお土産としてしか口にする機会はないですが、販売停止になってしまったのは非常に残念ですね。

賞味期限の改ざんは悔い改めるべき問題ですが、幸い健康被害者もでていないようですので、真摯な商売をすることを前提としてまた操業を再開してほしいです。

それにしても、自分と同じく白い恋人ファンは全国に結構いるのですね。
オークションで落札してでも手に入れようとする気持ちはよくわかりますが、実際にこういった現象が起きているというのは人気の高さをうかがわせます。

この短い期間限定で、白い恋人転売ビジネスが成り立ちそうですね。
しかし面白いところに目につける人がいるものです。



続きを読む
スポンサーサイト

アイスクリームに醤油?


夏本番を迎え、アイスクリーム「専用」の醤油(しょうゆ)が、インターネット販売でひそかな注目を集めている。アイスクリームにかけるため「だけ」の醤油、という触れ込みだ。ネット上で調べてみると、「○○専用」の醤油は、これだけではなく、「卵かけご飯専用」「カレー専用」など多くのジャンルで登場、いまや醤油革命進行中といった感じなのである。

(引用:J-CAST ニュースニュース)
http://www.j-cast.com/2007/08/08010153.html




醤油もいつの間にやら多様化の時代へ…。
アイスクリーム専用の醤油というものがあるようです。
最初は100本も売れればいいと思っていたそうなんですが、売りに出してみると軽く4000本以上も。
アイスクリームにかけるだけあって、甘くとろみがあるような感じで、ヨーグルトやカキ氷などにも合うそうです。

ただ、醤油という名前なので、味覚に辛味の先入観がはしってしまって、一体どんな味なのか想像もできませんね。

他にも御餅専用醤油は、バターご飯専用醤油、カレー醤油などがあるそうで。
どれもピンポイントを狙った醤油ですが、実際あったら欲しくなりますよね。

バター醤油ご飯も、好きな人はたまらなく好きなようで、自分もまあどっちかといえば好きなほうなんですが、この専用醤油で一度食べてみたいものです。



続きを読む

初代「ボンカレー」


本土復帰前から県民に親しまれている大塚食品(本社・大阪府)の初代「ボンカレー」は、全国では後継商品の発売で2003年に販売を中止したが、県内だけは年間120万食を売り上げる人気商品として根強く定着している。

 初代は発売40周年を記念して5月に50万食限定で全国発売したが、県内で人気の高い甘口は発売されなかった。関係者は「好みの違いが表れている」とみている。

 ボンカレーは甘口、中辛、辛口の3種類。大塚食品によると、過去の売れ行きでは全国、県内とも中辛が1番人気だが全国では辛口、県内は甘口が次に売れている。現在でも甘口だけは県内限定商品として売られていることから、お土産としても人気を集めている。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070813-00000016-ryu-oki




中辛が一番人気とは…、てっきり甘口が人気なのかと思っていました。

子供の頃から甘口ばかりを食べていましたが、とりあえず買うのはボンカレーでしたね。
親しんだ味が中々離れらないというのは、なんだかうなづけますね。

自分の場合はサッポロ一番塩ラーメンとか。
買い置きには常にある、みたいな感じで、定期的に食べたくなります。

他のを試してみても、一回きりで終わってしまったりと、結構日本人には多そうな感じもしますね。

最近はレトルト食品でも、牛丼やマーボー豆腐や中華丼など多種多様なものがあるので、そういったものにも目がいってしまいます。
しかしやはりボンカレーのパッケージを見ると、食べたくなってしまいます。



続きを読む

ホヤ破裂原因探る 原虫寄生か感染実験


宮城県南三陸町歌津末の崎沖で、殻が軟化、破裂する被嚢(ひのう)軟化症を発症するホヤが見つかった問題で、農林水産省は疾病発症の原因を突き止める研究に着手した。被嚢軟化症は感染する恐れも指摘されているが、根本的な原因は判明していない。発症メカニズムの解明を通じ、診断方法の確立を目指す。




ホヤといえば、あのグロテスクな姿が特徴ですが、その姿とは裏腹に、色々な国で食用として親しまれています。
金属臭のような独特な味は、かなり好き嫌いが分かれるようですね。
ちなみにこの臭いは鮮度が落ちるほど強くなるそうです。




続きを読む

ペプシの次のコーラは「キュウリ」風味


サントリー(株)は、PEPSIのラインナップとして「ペプシアイスキューカンバー」を6月12日(火)から全国で期間限定発売する。味はなんと「キュウリ」風味だという。




キュウリ…?(´・ω・`)
と多くの人が首をかしげるのではないでしょうか。
コーラだけでなく、他の食品を思い浮かべてみてもキュウリ風味というものはあったかどうか…。
ペプシなので、きっと美味しいとは思いますが、果たしてどんな味がするのでしょう。



続きを読む

アイスクリーム販売額は、森永が一位


平成18年度のアイスクリーム販売額で、「エスキモー」ブランドの森永乳業が17年ぶりの首位となったことが14日、明らかになった。17年度まで4年連続トップだった江崎グリコや2位のハーゲンダッツを抜き、3位だった前年度からの伸び率は10%以上になったもようだ。




アイスが恋しくなる季節になってまいりました。

今回、森永が販売額で17年ぶりに首位とのことですが、実際のところ、あまりメーカーを意識してアイスを買うのは、ハーゲンダッツくらいなので、どんな商品があるかわかりません…。
というわけで商品一覧を。



続きを読む

アキバ発新触感デザート「雪花氷」


"食は文化"といわれるが、食べ物ほど、その地域を物語るものはない。秋葉原の食といえば、"おでん缶"が真っ先に思い浮かぶ人も多いだろう。"おでん缶"は、アキバ名物の食材としてすでに定着しているが、おでんは冬の食べ物だ。
夏の食べ物でアキバ名物にふさわしいものはないかと探してみたところ、アキバでしか体験できないオンリーワンの食感を持つデザート"雪花氷(しぇほぁぴん)"にたどりついた。




ちなみにおでん缶とは、その名前のまんまでおでんを缶詰にしたものです。主に全国の自動販売機や、通信販売などで売られています。
正規価格は正確には知りませんが、自分がみたものだと300円ほどでした。
この商品が特に秋葉原で受けいられたようで、今では名物となっているのですが、今度は雪花氷というスイーツが何やら、注目されているようです。



続きを読む

カロリーゼロ、糖質ゼロは、本当に太らないのか


どんどん暑くなるこれからの季節、せめてドリンクぐらいは、ダイエットを気にせずゴクゴク飲みたい! でもそういえば最近、糖質ゼロの発泡酒やカロリーゼロの炭酸飲料の新商品が相次いで発売されているけど、ゼロってことは……つまり飲んでも太らないってこと? いくら飲んでも大丈夫? と降ってわいたこの疑問。ここでひとつひとつ、検証してみよう。




以前、カロリーオフ、ノンカロリー、糖質ゼロの違いの説明の記事レビューを書きましたが、今回はその実際の検証をするそうです。
普段飲んでいる、カロリーゼロなどの表記のある飲料の実態は如何に。




続きを読む

コンビニの「できたて弁当」


コンビニの一部では、店内で作られた惣菜とあったかいご飯を売り物にした「できたて弁当」が買える。このサービス、利用客にとってはすこぶる好評のようだが、コンビニにとってはまだ「実験的」な試みだ。人件費や材料費、設備費などコスト面で課題が多く、急速には普及しそうにない。




うちの近所のおばさんも、まさにこれを作るパートに一時期いっていました。
コンビニの奥に厨房があって、そこで手作りの弁当などを作っていましたね。
確かに、人件費を筆頭にお金がかかりすぎている気がします。よほど売れ筋な店でないと、採算がとれないかもしれませんね。




続きを読む

マンゴーブーム到来か


「バブル」値段のマンゴーが大人気だ。1個2,000円くらいのものが飛ぶように売れ、なかには1個で15,000円を超えるものもある。この「バブル」なマンゴー人気の裏には、東国原知事がいる。でもそれだけじゃなく、「チョー高くても、食べたい」と思わせてしまう魅力があるらしい。




メーカーからも、色々とマンゴー関連商品が出てきているそうです。
マンゴー自体はもっと安価なものかと思っていましたが、高級品となるとメロン並なんですねー。
高いからこそ人気が出そうな果物ですし、お見舞い品などにも使われるかもしれませんね。



続きを読む
Copyright © ZunZunNews 気になるニュースレビュー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。