スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはインドアでアニメでも


超大型連休となる今年のゴールデンウィーク。観光もいいけどインドアで、という方には、見逃してしまったアニメや名作アニメを一気に見るのもいいだろう。GWにじっくり見たい作品をピックアップしてみた。




考えても見ると、年を取るにつれてめっきりアニメを見なくなりました。見るといえばジブリ作品や、ルパンの特番くらいでしょうか。
子供の頃は、TVにかじりついて毎日違うアニメを楽しみに見ていましたね。
たまにはアニメを純粋に楽しんでみるのもいいかもしれません。




何といっても一番手は、昨年ブームを巻き起こした「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」(角川書店、1、8巻各3780円、2~7巻5880円)だろう。平凡な高校生のキョンが、涼宮ハルヒ率いるSOS団に入ったことで、さまざまな事件に巻き込まれていくという学園ストーリー。最終巻には独特の振り付けで話題を呼んだエンディングテーマの「ハレ晴れユカイ」をノンテロップで収録。振り付けを覚えてカラオケや駅前で披露するのも良いかもしれない。




実際に見たことはないんですが、やたらと評判のいい作品ですね。
最先端のアニメということで、最近の人気アニメを知る意味でも、見てみるといいかもしれません。



子供のころに見ていた名作アニメもDVDとなって再登場している。おなじみ「ドラゴンボールZ」(ポニーキャニオン、各3990円)のDVDも2月に最終巻の49巻が発売された。ベジータ、フリーザ、セルらと激闘を繰り広げる孫悟空の勇姿を振り返ってみたい。人気アニメ「ルパン三世」のテレビシリーズ3部作の全話と、宮崎駿監督の出世作「カリオストロの城」など劇場版3作品を収録した豪華DVDボックス「LUPIN THE BOX-TV&the Movie」(バップ、10万円)もネット通販ではまだ購入可能なので、チェックしてみては。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000007-maia-ent




自分の世代ですと、やっぱりこの2作品は惹かれます。
ドラゴンボール、もう一度最初から見てみたいですね。

その他、「∀(ターンエー)ガンダム」「鋼の錬金術師」などが紹介されています。
童心に返って、アニメ作品を見てみるのも新鮮でいいかもしれませんよ^^




スポンサーサイト
Copyright © ZunZunNews 気になるニュースレビュー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。