スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランス脂肪酸、使用禁止


外食産業でトランス脂肪酸(TFA)の使用を事実上禁止する条例が1日、ニューヨーク市で施行された。米自治体では初の試み。TFAは動脈硬化などの危険を高めるとされ、多くのレストランが施行を待たずに代替品への切り替えを進めていた。
 条例は昨年12月に可決。揚げ物用の油などに含まれるTFAを1食当たり0.5グラム未満に抑えるよう義務付けた。来年7月にはすべての食品に同様の基準を適用する。
 同市のレストランでは当初、TFAの使用をやめると「風味が落ちる」「保存が困難になる」「費用がかさむ」と反発する声が強かったが、現在は「健康に良い」と積極的にPRするところも多い。 

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070702-00000035-jij-int




そもそもトランス脂肪酸が何なのかという話ですが、そのものの説明をしますと、「構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸」。
何がなんやらわかりませんね(´・ω・`)

早い話が、多量に摂取すると悪玉コレステロールを増加させ、心臓疾患のリスクを高めるといわれているものです。
トランス脂肪酸を多く含む食品としては硬化油がありまして、それについての規制がはじまったというわけですね。

やはりお店側としてはその切り替えが大変のようですね。
日本でもいづれ規制される日がくるのでしょうか。



恋愛独裁者【独裁法】






[健康][食べ物][楽天]「トランス脂肪酸」を過剰摂取してしまう食生活

ちょっと面白いので、「トランス脂肪酸」についてもう少し調べてみました。 まずは、どんな食品にどれだけトランス脂肪酸が含まれるのかについて調べたところ、残念ながら今現在は「カロリー表示」のようにトランス脂肪酸の含有量は食品に表示されてい ...



トランス脂肪酸ってなんだろう??

ところで、近頃、トランス脂肪酸について関心を示すようになってきたところで、いろいろとブログを探してみるようになりました。旧来トランス脂肪酸についてそれほど関心がなかった部分があったんですけど大分ホームページなどに書き込みがアップされて ...



トランス脂肪酸とは?脂肪酸とは、

日本国内では2006年、食品安全委員会が、「諸外国と比較して日本人のトランス脂肪酸の摂取量が少ない食生活からみて、トランス脂肪酸の摂取による健康への影響は小さいと考えられる」との見解を公表しています。 トランス脂肪酸を多く含む食品 ...



トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸は脂肪酸の一種で、マーガリン、菓子の一部、業務用の揚げ油などに含まれます。また、牛などの反芻(はんすう)動物の胃内で微生物により合成され吸収されることから、牛肉や乳製品などにも含まれています。 ...



再びトランス脂肪酸。

今朝の5時半からのニュースで今頃ですがニューヨークでのトランス脂肪酸の使用禁止が報じられていました。トランス脂肪酸は油を固くするため、または酸化を抑えるために、植物油を水素と反応させると、できます。又は油を精製する時にも、高温にする ...



トランス脂肪酸

今朝のニュースでニューヨーク市の「トランス脂肪酸摂取制限強化」を報じていた。 レストランなどで提供する食事も規制対象となるらしい。 この動きが日本にも飛び火してくる可能性もある。 実はこのトランス脂肪酸、数年前からその危険が取りざたされ ...



NY市がトランス脂肪酸禁止条例

動脈硬化による心臓疾患の危険性を高めるとされるトランス脂肪酸の、外食産業での使用禁止を定める条例が、とうとう、7/1、ニューヨーク市で施行されました。自治体としての禁止条例ははじめて。アメリカでは、ニューヨーク市がこの条例の制定を決めて ...



トランス脂肪酸?

トランス脂肪酸の取りすぎは良くない。こんな話聞いたことあります?<BR><BR>今朝のテレビのニュースでやっていました。<BR><BR>あまり聞いたことの無い言葉でしたが、<A ...



食品安全委員会資料に見る「トランス脂肪酸」の国内最新事情

実家にいた頃は生協のマーガリン使ってたんだけど、今はバターしか使わないです。 まあ、そもそもそんなにパン食自体しないけど。 とはいえ、他の加工食品からも摂取するものですからねぇ・・・・ てか、アメリカ人はそもそもトランス脂肪酸以前に脂とり ...



トランス脂肪酸 ニューヨークで使用規制

トランス脂肪酸 ニューヨークで使用規制 揚げ物用などの調理油に含まれるトランス脂肪酸の使用規制が7月1日からニューヨークのレストランやファーストフード店で始まります。 ニューヨークでの7月からの規制では、調理油などに含まれるトランス脂肪酸 ...



マーガリンで心筋梗塞

実は動物性脂肪より怖いのがトランス脂肪酸です。 マーガリンに多く含まれる脂肪酸、トランス酸は、常温では液状の、リノール酸系植物油の日保ちや風味をよくするために、水素を添加して固めた人口物質です。 マーガリンのほか、大豆固形油など調理用 ...



糖尿病と糖質制限食 危険なアブラ トランス脂肪酸編

で、トランス脂肪酸のナニが悪いのかといいますと、脂肪酸というのは60兆ある人間の細胞の細胞膜を作る原料になります。そこに、自然界に存在しないトランス脂肪酸が取り込まれたら、フツーに考えたら良いはずないですよね。 ...



トランス脂肪酸の規制

もともと植物油などを固形化するために、植物油に水素を添加し自然界にはない原子配列に無理やりした時に発生したものがトランス脂肪酸の正体だそうです。マーガリンが道端に放置されていても虫も寄ってこないで何ヶ月も腐らずにそこにあるのはそういった ...



給食関連ニュース 6月27日(水)

トランス脂肪酸の安全性 >こうした規制も重要だが、大切なのは、我々消費者が、トランス脂肪酸の危険性を冷静に受け止め、偏食、過剰摂取を控え、バランスの良い食事を心がけることだろう。 まだ、業界の対策ができてないのでこういう論調になります。 ...



最近ニュース --7/2

ワード by @nifty Updated: 2007年07月02日 12:10 1位 「押尾学」 2位 「トランス脂肪酸」 3位 「なるほどタイピング」 (2007年7月2日 11時 ) 1位 「押尾学」 2位 「トランス脂肪酸」 3位 「なるほどタイピング」 (2007年7月2日 11時 ) ...



危険な食べ物

中国産は危険とかトランス脂肪酸は危険とか、いろんなものを危険危険ときいているとそのうちどうでもよくなってくる。



甘いワナ、わなわな。

揚げ物お菓子は胃を荒らすので避けるけど、頭に「トランス脂肪酸、酸化油、活性酸素」などの警告ランプが点滅していても、身体が軽く感じられる時には気が緩む。 お店に戻ると、常連さんから戴いたという和風チョコレートアソートの差し入れが出された。 ...



カロリー70・75パーセントOFFマヨ!!

日本はそこら辺に売ってる油ってトランス脂肪酸入ってますもんね リセッタ使ってようが意味ない感じですが。。 いや?使うのが楽しみです 因みに!キューピーは210g入り200円ちょい、ピュアセレクトは199円で250g入りと量・値段的にはこちらのスーパーではお買い得でした.



6月29日の発見

その1?!ちょっと前の更新ですが,食品安全委員会のホームページに「トランス脂肪酸」の摂取量がファクトシート(科学的知見に基づく概要書)として掲載されました。



2007年度記事一覧(上期)

【7006】 全米に広がる”トランス脂肪酸”騒動 [2007-01-03 12:16 by zenmz] 【7005】 マスコミ見聞録(2007/01/02) [2007-01-02 23:27 by zenmz] 【7004】 ホッチキスの”戦争と平和” [2007-01-02 20:24 by zenmz] 【7003】 マスコミ見聞録(2007/01/01) ...



トランス脂肪酸の危険性

過剰な摂取が心臓疾患を引き起こすとされる加工油脂「トランス脂肪酸」の規制が、現在欧米で進んでいます。しかし、わが国では、内閣府・食品安全委員会の見解で「欧米に比べて摂取量は少なく、切迫した危険はない」としています。果たしてそうでしょう? ...



トランス脂肪酸

トランス脂肪酸が心臓病の発生を増やすという明確な相関関係を見いだせてはいません。トランス脂肪酸が、心臓病の真の犯人と決まったわけではないのです。 トランス脂肪酸は、植物油に水素を添加したときに生じる物質。マーガリンやショートニングに含ま ...



健康:トランス脂肪酸脳や心臓血管系の病気に関係

過剰摂取が動脈硬化などにつながると指摘されているトランス脂肪酸について、食品安全委員会は21日、日本人の1日当たりの摂取量は0・7?1・31グラムとする調査結果を発表した。同委員会は「WHO(世界保健機関)が報告書で示した数値を下回って ...



NYでトランス脂肪酸使用禁止

日本でもミートホープ問題で“食”への関心が高まる中、 ニューヨークで、 トランス脂肪酸使用禁止する条例が施行された。 トランス脂肪酸とは、 液体の油を固体にする過程にて、 高温を加えた特に発生する。 その分子構造は、 自然界には存在せず、 「食べ ...



ニューヨークで、「トランス脂肪酸」の規制開始

ニューヨークの共同通信(6月27日)は、揚げ油用の調理油などに含まれる「トランス脂肪酸」の使用規制が、 7月1日から全米で始めて実施すると報じた。 ニューヨークのレストランやファーストフード店では、規制にあう油を使用しないと、罰金などの ...



トランス脂肪酸、ニューヨーク市で使用禁止

トランス脂肪酸とは・・ 油脂中に発生する脂肪酸の一種です。 牛などの反芻動物の第一胃内でバクテリアにより生成されているので、乳製品の脂肪中には平均5%前後、また牛肉、羊肉には脂肪中平均5~10%のトランス酸が含まれています。 ...



トランス脂肪酸

今日付けの読売新聞にもかいてありましたが、トランス脂肪酸というのは、植物油などの液体の不飽和脂肪酸を、マーガリンやショートニングなどの固形物にするのに水素を加えるそうです。 この時にできるのがトランス脂肪酸なんです。 ...



トランス脂肪酸

テレビで ニューヨーク市が 外食産業の揚げ物などに よく 使われている油に 含まれている トランス脂肪酸について 規制をすることに なった...



トランス脂肪酸の摂取量

トランス脂肪酸の摂取量の多いアメリカでは、今年1月から食品中のトランス脂肪酸の含有量を表示しなければならなくなりましたし、デンマークでは、動物性油...



食に関するニュース3本

一方、トランス脂肪酸は、日本では大量に摂取しなければ安全だといわれていますが、それを条例で使用禁止にしたNY。 トランス脂肪酸って、酸化しない脂肪ですから、言い換えればプラスチック脂肪ですよね。 そんなものが含まれているマーガリンや ...



【24時間限定】タイムセール開催!!早く行かないと間に合わないかも?

運動しても、何してもヤセないという方は一度このバズワンで 長年たまったファーストフード、トランス脂肪酸を徹底排除し ヤセない状態になっている体をヤセる体へ変えることをオススメします。 そうすれば、あなた本来のヤセる体へと出会えたとき、今後 ...



食べるプラスチックマーガリン

なぜならこのマーガリンに含まれているトランス脂肪酸というものでこれが体のなかで分解されず、そのまま体にとどまるからです。アメリカやヨーロッパ諸国では、このトランス脂肪酸を禁止している国や商品に表示する義務がありますが、日本では自然界でも ...



Atopy Diary

マーガリン ・植物油 ・クッキー ・油であげたスナック菓子 ・その他マーガリンやショートニングを使用した食品 トランス脂肪酸の害 ・悪玉コレステロールを増加させ、心臓病のリスクが高まる。・ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎を ...



あのビリーが来日! 300人がハリウッドスター級の歓迎ぶり

ニューヨーク市のトランス脂肪酸使用禁止~マーガリンが危ない!~ マーガリンやショートニングに含まれるトランス脂肪酸がNYで外食店での使用禁止となりました。一方、日本では?そもそもトランス脂肪酸って何?トランス脂肪酸を知ってリスク回避しま ...



田舎暮らし 沖縄

1位 「押尾学」 2位 「トランス脂肪酸」 3位 「なるほどタイピング」 (2007年7月2日 11時 )(続きを読む). 定住希望受け入れ模索 河津に「滞在館」 静岡新聞 (会員登録) 都会人が思い描く「あこがれの田舎暮らし」と、現実のギャップを埋める活動を始めた ...



かぼちゃクッキー

ショートニングと言えば、「トランス脂肪酸」で話題になってますよね。。。今朝もNHKのニュースに出てました。サクサクッとした食感を出すのにいいから、以前お菓子作りに使ったこともあるけど、健康上どうなのかしら?と今は疑問形です。 ...



狂った脂肪

NY市では使用禁止となったトランス脂肪酸。 私がトランス脂肪酸という言葉を知ったのは2~3年前でした。 マーガリンに多く含まれているそうです。 知ってからは一切、食べていません。 何年も光や空気、自然にある細菌その他にさらしても少しも変化 ...



ミスドのお客

ミスドの発表は、日本はアメリカほどトランス脂肪酸を摂る量が少ないので当面対策は考えていないとのことでしたが、それはアメリカほど消費者が騒いでいないということで、身体に安全だということではないようです。



【!】 モニター募集75%オフ!!\暴飲・暴食OK⇒15.3kg!!/

トランス脂肪酸とは、バターやショートニングなどの加工油脂や、 ┃ ┃…………………………………………………………………………………┃ ┃これらを原料として製造される食品の他、反芻動物の肉の脂肪中に ┃ ┃…………………………………………………………………………………┃ ┃含まれる脂肪酸の一種のこと。 ...



驚くことはない、食品などはみな発がん性物質が含まれている

マーガリンのトランス脂肪酸が痴呆の引き金にhttp://www.asyura2.com/0406/health9/msg/221.html 植物連鎖の汚染 不健康食品が病気を造る 医療殺戮よりhttp://www.asyura2.com/0401/health8/msg/504.html 中国産ウナギに発がん性物質 ...



クリスピー・クリーム・ドーナツ 通販

トランス脂肪酸の少ない油 ・・・トランス脂肪酸がなにかと話題ですが、トランス脂肪酸の少ない油とはどれを指すのでしょうか調べてもなかなか解決できませんでした....(続きを読む). ドーナツ×ドーナツ ・・・ドーナツ屋さんが増えたと思いませんか? ...



矢崎の月間FP便り6月号

そのアメリカもようやくこのままではだめだ、ということで、肥満、心臓病対策として「トランス脂肪酸(TFA)」の規制が急がれています。 このTFAは悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすので心臓病リスクを高めることが分かっています。 ...



体に良くない食品!

(2/4)体によくないハンバーガー、分子レベルで理由解明医学関連誌「Cell」1月28日号に掲載された米ハーバード大学ダナ・ファーバー癌研究所の研究では、飽和脂肪酸およびトランス脂肪酸といった悪性脂肪を動脈閉塞の原因となるLDL(悪玉)コレステロール ...



週間女性にてさくらパパ横峯良郎氏が対談 食べ物の大切さ

この記事を読むと横峯良郎さんは、本人も重病を患った体験から食事の大切さをよくわかっているようで今、問題の水銀や鉛の問題からトランス脂肪酸の問題、食事とキレやすさなどにまで話は及んでいる。 一部引用は週刊女性より詳しくは週刊女性をお読み ...



商社 新着人気ブログ「週漫スペシャル」8月号

トランス脂肪酸の規制開始 NY、コスト増に戸惑いも !!≫≫ ... 大手商社によると、TFA問題の広がりを見越し、 大豆などの生産を強化する米農家が増加。穀物価格上昇の一因になっているという。 TFAの規制は他都市でも検討中で、全米に広がる ...



食品安全エクスプレス(6月27日発行)

「トランス脂肪酸に関する情報」を更新しました http://www.maff.go.jp/syohi_anzen/trans_fat/index.html 「食品中のアクリルアミドに関する情報」を更新しました http://www.maff.go.jp/syohi_anzen/acrylamide/index.html ◆食品安全委員会より ...



1300円のトースター

今のトースターって、パンを焼く時に音がしないのにゃ。最初、不良品かと思ったにゃ。マーガリンじゃなくバターなのは、下流の贅沢です。トランス脂肪酸が怖い、というのもあるけど。 おかあさん、ちゃんと自炊できるようになったよ。安心してにゃ。



やりたいこと。

トランス脂肪酸いっぱい摂取してきますww(ぅゎぁ 別に好きなモノ好きなだけ食べてりゃいいですが寿命縮まってるのは科学的に証明されているので事実です。 って、早死にしても良いから食べてるんでしたっけ?w 僕は早死に阻止したいグループに参加し ...



脱マーガリン宣言!

最近、健康ブームでトランス脂肪酸が問題視されてます。 健康プチヲタクなのんは思い切って我が家の冷蔵庫から長年ダイスキだった「マーガリン」をなくす事に決めました. 朝食の「トースト」とかマーガリンたっぷりの「ニンジンソテー」とかもう、お別れ ...



ゼロライナー面白youtube:仮面ライダー電王ゼロノスロッドゼロ ...

大阪市お宝youtubu:birdseyeviewofosakacity大阪市区?瞰-(旬ニュース事件簿) 今日の気になるキーワード瀬戸の花嫁トランス脂肪酸 MLB 押尾学 toto 半夏生早明浦ダムテレビ朝日 うちごはんどんど晴れ F1 ちょっと> ゼロライナーをしらべてみました.



妊娠しやすいカラダづくり VOL.213 妊娠しやすいカラダをつくる正しい ...

太りにくくすることだけではありませんから、 太りやすい脂肪をやめて、太りにくい脂肪だけを摂取するのではなく、 ここでも、バランスよく摂取することがポイントになります。 そのための目安を列挙します。 ●肉より魚。 ●トランス脂肪酸は摂らない。 ...



今日のネタ:トランス脂肪酸、使用禁止=積極PRのレストランも-NY市

【ニューヨーク1日時事】外食産業でトランス脂肪酸の使用を禁止する条例が1日、ニューヨーク市で施行された。米自治体では初の試み。トランス脂肪酸は動脈硬化などの危険を高めるとされ、多くのレストランが施行を待たずに代替品への切り替えを進めていた ...



スポンサーサイト
Copyright © ZunZunNews 気になるニュースレビュー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。