スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ねるねるねるね」はどうして膨らむのか?


ネーミングも印象的な「ねるねるねるね」というお菓子、皆さんは覚えていますか? 粉と水を練り合わせていくと色が変化して膨らんでいくお菓子で、その実験めいた仕組みに子供心はワシ掴みにされたものでした。そしてそのストレートすぎるネーミングと、魔女のような老婆が出てくるCMも妙にインパクトがありましたよね。




うわー、これもまた懐かしいですね。
駄菓子屋などに売っていて、駄菓子屋にしては高い100円ほどだったので、子供の頃の自分はあまり買う機会はなかったのですが(笑
それでもあの独特な食べ物については忘れられませんね。




今ではもう「ねるねるねるね」を食べることはなくなったけど、どうして練るだけで膨らむのかナゾのまま・・・。子供の頃から抱いていた不思議を解明すべく、調査してみました。

 まず、練るだけでどうしてあんなに膨らむのか? 実はあの不思議な粉には、クエン酸やふくらし粉などに入っている重曹が含まれているのだそう。それに水を加え、混ぜ合わせることで炭酸ガスが発生し、卵白や増粘多糖類(ソースなどに含まれるとろみ成分)と混ざり合ってクリーム状の泡になるというワケなんです。ほほ~う、なんだか理科の実験みたい。




確かに本当、混ぜてぐるぐる練って何かの実験をしているようでしたね。
味も子供が喜ぶ感じのわかりやすい味でした。



そして、「ねるねるねるね」の不思議その2といえば、色の変化! なぜ色が変わるのかというと、phによって色が変化する「色素の性質」を利用しているから。赤キャベツ色素は「アントシアニン系色素」と呼ばれ、酸性、アルカリ性のものを混ぜると色が変化するという性質を持っていて、主に赤キャベツやブルーベリーなどに含まれているものだそう。普段口にしているものが原料になっているとわかれば、小さい子供を持つ親も安心ですね。




駄菓子というと、往々にして何が入っているのかわからない感じですが、さすがに子供が口にするものなので原料にも気を使ってくれているんですね。



そんな「ねるねるねるね」も今年で生誕19年! CMは2000年から新バージョンに改定されたとのことで、もう懐かしのあの映像が見れないのは残念だけど、今も多くの子供たちに親しまれているそう。今度スーパーで見つけたら、童心に帰って“ねるねる”してみようかな?




って、今も売っているんですねっ。
すっかり見かけなくなったと思っていたんですが、よくよく考えてみたら年をとって駄菓子屋やお菓子コーナーにあまりいかなくなりましたものね…。
今度また自分も買ってみたいです。

公式サイトまでありました。
ねるねるねるね



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。