スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローの新技!?馬乗りキャッチ


◆アスレチックス2−4マリナーズ(26日、オークランド) マリナーズのイチロー外野手(33)が敵地のアスレチックス戦で、あっと驚く超スーパーキャッチを披露して、スタンドの度肝を抜いた。




メジャーリーグ最多安打を達成した年から、自然と彼に関するニュースには目を通すようになりましたが、相変わらずサービス旺盛ですね。

実際の動画はMAJOR.JPなどで見られます。
*日数がたつと見られなくなっているかもしれません。




2点リードの9回2死。エリスが放ったフライが、イチローの守る中堅右へと飛んでいく。捕球体勢に入った瞬間、左向きに体を90度以上回転させ、斜め後ろ向きでキャッチ。練習中にファンを沸かせる背面キャッチ以上の難易度だ。




明らかに普通の取り方ではないですね…(笑
イチローだからこそ、確実にキャッチできているように見えますが、普通の人がやれば、ハラハラするような取り方に見えます。



マリナーズ専属アナウンサーでイチローの「レーザービーム」の名付け親リック・リッツさんがスーパーキャッチに名前を付けた。「『ライド・サドル(馬乗り)・キャッチ』さ!」。片足を鐙(あぶみ)にかけて馬にまたがる時の姿になぞらえて命名したが、今後も「馬乗り捕球」が披露されるか注目だ。

(引用:livedoorニュース




今回の話題と関係ないですが、レーザービームはメジャーにいってから名づけられたんですね。

背面キャッチはさすがに本試合では無理ですが、この馬乗りキャッチならファンも「ぜひ見せてくれっ」という感じで観戦するのではないでしょうか。
ただ、本人はあくまで「太陽を避けるため」とのことなので、デーゲームでしか見られないかもしれませんが…。



 
スポンサーサイト
Copyright © ZunZunNews 気になるニュースレビュー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。