スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇居お濠の外来魚の駆除と捕獲


皇居のお濠(ほり)で、環境省が電気ショックによる外来魚の捕獲作戦を進めている。




外来種による、在来種の捕食等によって生態系が乱れたりする問題が相変わらず起きていますが、今回は皇居のお濠(ほり)にて、その駆除・捕獲作戦が展開されたようです。



続きを読む

第一生命のサラリーマン川柳


 「脳年齢 年金すでに もらえます」-。第一生命保険が14日発表した「サラリーマン川柳コンクール」で、脳の柔軟さを測定するゲームソフトが大ヒットした世相をうたった句が1位に選ばれた。年金問題への関心の高さもうかがえる。




いやはや、うまいですね(´・ω・`)
今年はやたらと脳力、脳力と騒がれていて、脳年齢を計ったりするソフトがやたらと目につきました。
そして、その検査結果に驚愕した人も多かったのではないでしょうか。
そんな世間の様子をうまく表した川柳だと思います。



続きを読む

ツバメの巣は、人けの多いところに作る


ツバメの巣作りは、人けのあるところで――。伊勢市の野鳥の会員が、繁華街3カ所で、ツバメの営巣数を調査したところ、人けが多くなると巣の数は多くなるが、人けが少なくなるにつれ減少していることを確認した。ツバメには、カラスや蛇などの天敵から卵やひなを守るため、好んで人けの多い所に営巣する習性に着目、13年前から続けている。一方で、進行する駅前繁華街の空洞化が、改めてツバメの巣からも裏付けられた。




確かに人通りが多ければ、カラスや蛇などはあまり寄ってこなくなりますが、そもそも人間を天敵とは思っていないということなんですね(´・ω・`)
まあ、よほど都合が悪くない限り、ツバメが巣を作ってもそれをどうにかしようということもないと思いますが、とりあえずツバメは人間と共存しようとしているんですねー。



続きを読む

男性向け ホテルで一人になる「宿泊プラン」


男性がホテルに宿泊し、部屋からほとんど出ないでくつろぐ。そんな宿泊プランがトレンドになっている。「一人になれる時間がほしい」という疲れたお父さん達をターゲットに、室内で遊べるラジコンを用意しているホテルもある。




男心がよくわかってますね…w
男性の皆さんは特に、ふと一人きりでぼ~としたり、好きなことしたりする時間が欲しいと思う方が多いのではないでしょうか。




続きを読む

プラチナ製のガンダム


バンダイと田中貴金属ジュエリーは、人気アニメ「機動戦士ガンダム」の純プラチナ製フィギュアを共同制作し10日、報道関係者に公開した。非売品だが、3000万円相当の価値があるという。




中々作りこまれていて、さすがメーカー制作という感じがします。
3000万円では、さすがにガンダムファンといえども、中々手はでないかと思いますが、売りに出してみれば案外売れたりするのかもしれませんね。
非売品ということで残念です。



続きを読む

昼休みの短縮を見直し


岩手県職員の昼休みが1時間から45分に短縮され、ランチを提供する周辺商店街が売り上げが減少したと訴えていた問題で、県は10日、昼休みを基本的に1時間に戻すと発表した。アンケートの結果、職員の6割以上が復活を望んだため。県への要望活動を展開してきた商店街は「ようやく客足が戻る」と一安心している。




昼休み45分…というのは、短い気がしますね。
昼ごはんを食べて、くつろぐ暇もなさそうです。
できれば2時間くらいいただいて、昼寝でもしたいところですが(´・ω・`)




続きを読む

携帯情報自販機「ドコデジ」


モバイルゲートは5月7日、おサイフケータイ対応非接触ICリーダーライターを搭載する情報自販機「ドコデジ」を発表した。




情報が売れる現代ですが、ついに自動販売機まで出現しました。




続きを読む

茶畑にモーツァルトを聴かせる


宇治茶の主産地の一つ、南山城村で、全国茶品評会で農林水産大臣賞に輝いたこともある茶農家木野正男さん(63)=同村北大河原=が、モーツァルトの曲を「茶葉に聴かせる」取り組みを今年から始めた。「癒やし効果」があるとされるモーツァルトを聴きながら育った茶葉は今夏、宇治市で開催される関西茶品評会審査会に出品する。




綺麗な曲を聴いた水は、その結晶も綺麗で、激しい曲を聞いた水は、その結晶も雑で…みたいな話は聞いたことがあります。
実際に見たわけではないのですが。

お腹の中の赤ちゃんなどに良い音楽を聞かせることは、わりと昔から知られていますが、果たして茶葉など植物にはどういった効果があらわれるでしょうか。




続きを読む

「におい付き消しゴム」が思い出一位


コクヨの子会社で人材派遣業などを手がけるコクヨビジネスサービス(大阪市東成区)がまとめた「小学1年生の親に聞いた小学校の思い出に関する調査」で、思い出の文房具トップは「におい付き消しゴム」となった。

 調査は4月に小学1年生を迎える子どもの両親1032人を対象に3月14~25日、インターネットで行った。




ありましたねー。
今考えてもみると、なぜ消しゴムに匂いをつけようという発想が生まれたのか、すごいと思いますが(笑)
当時の文房具屋さんには、色々な種類の匂いの消しゴムが売られていました。
今も売られているのでしょうか。




続きを読む

逃げる目覚まし時計


どうしても起きられない…という方におすすめの目覚ましをご紹介。




二度寝の誘惑に負けそうな、ぽかぽか陽気な季節になりましたね。




続きを読む
Copyright © ZunZunNews 気になるニュースレビュー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。