スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本能寺の遺跡


戦国武将、織田信長が明智光秀に討たれた「本能寺の変」(1582年)で焼けたとみられる大量の瓦や、寺の堀跡、石垣などが京都市中京区の旧本能寺跡で見つかった。本能寺の変を巡る遺物、遺構が発見されたのは初めてで、発掘した民間調査機関「関西文化財調査会」は「史実を裏付ける貴重な発見」としている。

 マンション建設に伴い約130平方メートルを発掘。1545年の古文書で、寺が調査地点一帯の土地を購入したとの記録が残っている。

 堀跡は幅約6メートル、深さ約1メートル。一部には約2メートルにわたる強固な石垣跡も出土した。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070807-00000505-yom-soci




戦国ファンにとっては一大事変の一つ、本能寺の変ですが、その遺構が発掘されたそうで、また新たな発見もあったようです。
強固な石垣が見つかったようで、「信長無防備説」が覆そうな展開になっているようですね。
奇襲されることの備えは一応はあったということでしょうか。

自分も戦国ゲームなどで、この時代の出来事や武将達に興味を持ち出したのですが、この信長最後の地に関することですから、他の歴史には関心がなくてもこのニュースは目を引きました。

また遺品などによって、新しい発見や説が浮上すると面白そうですね。



続きを読む

らーめん缶バトル


アキバに「らーめん缶」が登場してから、すでに四ヶ月の月日が流れた。「らーめん缶」は、今や「おでん缶」と並ぶアキバ名物に成長したが、この夏、新たなる展開が始まろうとしている。

「おでん缶」の販売で有名な"天狗缶詰"は、早ければ今週中に同社初のらーめん缶「中華そば」の発売を開始する。さらに"はかた寿賀や"は、「らーめん缶」初となるトンコツスープの「博多ラーメン缶」をすでに発売し、替玉缶付きのセットも近々売り出す予定と、「ラーメン缶」戦争の火ぶたが切って落とされようとしているのだ。

(引用:livedoorニュース)
http://news.livedoor.com/topics/detail/3257635/




おでん缶がアキバ名物といわれるほどにヒット商品となり、その後衛者になるべくらーめん缶が登場しましたが、これも同じく人気商品になりました。

手軽に自動販売機でラーメンが食べられるというアイデアは、アキバだけでなく全国的にも展開していけそうな感じがしますね。

そして一旦売れ出したとなると、次に考え付くのはやはり新しい味・商品の開発ということになりますが、引用元記事を見ている限りでは、どれもこれもおいしいそうで期待できそうです。

カレーうどんなどは、かなりの売れ筋商品になるのではないかと。

冬になったら、スープを飲みつつ、あったまりたいですね。



続きを読む

メイド約80人がアキバを冷やす


日本古来の「打ち水」で都市を冷やすイベント「うち水っ娘大集合!2007」が4日、東京・秋葉原であり、秋葉原のメイド喫茶などで働くメイド店員約80人が「打ち水でアキバを冷やしま~す」のかけ声とともに一斉に水をまいた。

 同イベントは、NPO法人「日本水フォーラム」などの呼びかけで、風呂の残り水などをまいて都市部のヒートアイランド現象を抑えようとするキャンペーン「打ち水大作戦」の一環。イベントが行われた正午の秋葉原は気温35.7度という今年一番の猛暑で、「ぴなふぉあ」など秋葉原のメイド喫茶から集まったメイド店員が、可愛いメイドの衣装で、約2トンの井戸水をまいた。通行人たちは、ひと時の涼と“萌え”を楽しんでいた。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070805-00000005-maia-ent




今年も本格的に熱くなって参りました。
これぞ日本の夏!という感じもしますが、冷房部屋へと非難する日々になっていたりします。

「打ち水」というのもまた懐かしいですね。
水をまくだけでも、涼しさを演出できる古来からの知恵ですが、アキバでメイドさんがやるとなると、さすがに目を引きます。

今年で4回目となるそうで、気温を2度下げることを目標にしているみたいですね。
そんな彼女達の姿に、当然のごとくプロ・アマ両方のカメラマンが一斉にカメラを向けていたとか。

何かの宣伝になっているのか、ボランティアなのかはわかりませんが、涼しくしてくれるのは誰にとっても大歓迎ですし、特に男性の方にとってはいい目の保養になりそうですね。



続きを読む

ペルセウス座流星群 13日がピーク


三大流星群の一つで夏の風物詩、ペルセウス座流星群が13日に出現のピークを迎える。新月に当たり、月明かりの影響を受けないので、天候が良ければよく見えると期待される。出現は前後数日間にわたるため、国立天文台は11日夜から14日朝まで、インターネットで「流れ星を数えよう」キャンペーンを行い、夏休み中の親子などに観察を呼び掛ける。

 同流星群は、ペルセウス座にある「放射点」から流星が四方八方に軌跡を描く。ペルセウス座は真夜中に北東の比較的高い場所に上るため、午前零時すぎから明け方にかけて、肉眼で夜空を広く見渡していると、流星を見つけやすいという。 

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000040-jij-soci




普段の生活の中で、夜空を見上げることって中々ないのではないでしょうか。

田舎などでは特に、ふと見上げるとそのまま固まってしまったかのように、その美しさに目を奪われることがあります。
小学生の頃に習った星座のことを思い出しながら、しばし星の観察などを楽しんでみるのも、夏らしい過ごし方かもしれませんね。

流れ星を見つけるのは面白い遊びであり、ロマンチックであり、子供と見るのも恋人と見るのも、楽しい思い出になりそうです。

ピークは13日ごろということで、お盆で田舎に帰れる方などは一つの行事として楽しんでみるといいかもしれません。



続きを読む

サバにマグロを産ませる


「サバがマグロを産む」-。マグロの精子のもととなる細胞をサバに移植し、サバの自然受精によってマグロを誕生させる研究を、東京海洋大学の吉崎悟朗准教授が年内に本格化させる。研究が成功し、将来の量産化につながれば、世界的な乱獲を背景に進むマグロ資源の減少に一定の歯止めが掛かる可能性がある。
 マグロとサバは同じサバ科に属し、遺伝子的にも関係が近い。研究ではまず、クロマグロの精巣から精子のもととなる細胞「精原幹細胞」を取り出し、卵からかえったばかりのサバの稚魚の腹に移植。オスの稚魚はサバとマグロ両方の精子を作り、メスも両方の卵を作る。成長したサバのオスとメスで受精卵を作れば、サバに加えマグロも産まれる、と見込んでいる。
 海中を高速で回遊する大型魚のマグロに比べ、サバは管理が簡単だ。また、成魚に育つまでにマグロは最低3年かかるのに対し、サバは2年で済み、飼育効率も高い。研究の背景には、マグロを単独で殖やすより、サバに産ませた方が漁獲量にプラスになるという読みがある。 

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070630-00000024-jij-bus_all




近年、数十年後には食卓からマグロがなくなるといった感じで、マグロの減少について警告されています。
特に日本人にとっては寿司をはじめ、食卓にはなくてはならない存在なので、この問題の直結した民族ではないでしょうか。

解決策として、漁獲量の制限がまず誰の頭にも浮かぶと思いますが、近年の化学(?)はすごいですね。
サバにマグロを産ませる…。
「できることならそうしたい」的なことを実際にやってしまったという感じです。

マグロって泳ぎ続けていないと死んでしまう魚でしたっけ。
とりあえず記事中にもありますが、飼育が難しそうです。
そこらへんがやはり、他の魚のような量産が難しいところなのでしょうか。

マグロが食べられなくなるのはやはり寂しいので、いい方向に結果が向かうといいですね。



恋愛独裁者【独裁法】



続きを読む

猪木IGF旗揚げ興行に8426人


アントニオ猪木の新団体IGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)PROWRESTLING旗揚げ戦「闘今BOM-BA-YE」が29日、両国国技館で行われ、全試合当日発表にもかかわらず8426人もの観客を集めた。
 メーンイベントでは元WWEのスーパースター対決である第44代IWGPヘビー級王者ブロック・レスナーvs.現初代TNAヘビー級王者カート・アングルの因縁マッチが実現。WWEマットでは2勝2敗の五分となっていた両者は、序盤から激しい攻防を展開。アングルはレスナーのバーディクトをロープをつかんだり、DDTで切り返したりして必死で防御し、食らってしまった1発もカウント2でキックアウト。レスナーの逆アンクルロックを返しての本家アンクルロックで快勝した。  レスナーは試合前の約束通り、アングルに自分が保持する3代目IWGPベルトを贈呈。IWGP&TNAの2本のベルトを両方肩に下げたアングルは、レスナーとの再戦について「次は総合格闘技のリングでやるかもしれない」と話し、「レスナーは世界一のレスラー。でもその上に自分がいる」と胸を張った。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070629-00000045-spnavi-fight




何とも豪華顔ぶれです。
ついに旗揚げとなったIGFでしたが、さすが猪木社長の呼びかけには名だたるレスラー達が集まったようで、盛況だったようですね。

なんといっても、レスナーとアングルのメーンが、この団体の規模の大きさを物語っていますね。
実際に見れなかったので残念ですが、見たかった試合でした。

小川直也とマーク・コールマンの試合も中々壮絶だったようで、見所の多い大会だったみたいですね。



恋愛独裁者【独裁法】



続きを読む

トイレに「的」広告


殺虫剤メーカーのフマキラーは6月13日から、駅の男性用トイレの小便器を使った広告キャンペーンを展開する。「的があるとつい狙う」という男性心理の脆弱性を突き、広告効果に加えて環境美化意識の向上も期待している、という。




便器の中にごみなどがついていると、ついつい狙ってしまうのは男性であれば当然という感じで、その心理をうまく利用した広告ですね。
特に何も意識せずにするより、しかるべき位置にねらうことができれば、飛散しないのでトイレの衛星面によさそうです。



続きを読む
Copyright © ZunZunNews 気になるニュースレビュー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。